「Taylor Stitchの原点は、体に合うシャツが見つからなかったところからはじまりました。マイキーのお父さんがよく香港からカスタムシャツを買って帰ってきていて、僕らは自分の体に合うようにシャツをカスタムで作れるということに惚れ込みました。」
--TAILOR'S TALEより--



TAYLOR STITCHを語るには欠かせないアイテム、シャツ。
その中でも特に、TAYLOR STITCHのコンセプトモデルであるEssentialのアイテムを、本日はご紹介します。

 
何枚も手に入れたくなる。TAYLOR STITCHのコンセプトモデル
"Jack"の名前の由来は、アメリカの男性の名前に、最も多いことから名づけられました。それはつまり、「どんな人にも似合う」シャツということ。
ビジネスにもカジュアルにも着まわせるよう、タックイン/アウトがしやすい絶妙な丈の長さや、細すぎずゆるすぎないフィット感、動きやすさと耐久性を追求していることで、いつ、どこでも、どんなシーンでも、マッチする。
例えば、スポーツを楽しんだ後に、そのままパーティーに参加しても問題なし。
同居する抜け感と品の良さ
TAYLOR STITCHのブランドのルーツ"カリフォルニア"の名前を関したシャツ。肩のラインを少し内側へ、そしてボックスシルエット。テーラーメイドのようにフィットする形は、まるで品の良いドレスシャツのようです。
素材には肌ざわりの良いシャンブレーを用い、より丈夫な仕上がりを求めてダブルニードルステッチを採用。メタルボタンやポケットボタン、そしてワークシャツのようなペン挿しを施すことによって、ドレスとカジュアルの美しい均衡を持つシャツへとアップデート。ラフなのに綺麗なシルエット、そしてその着心地の良さは、今までにない新しいスタイルのシャツ。
フォーマルにも着心地の良さを。
Hydeは、TAYLOR STITCH唯一のフォーマルライン。タックインを前提としたレングスの長さに、テーラーメイドフィットとハイアームホールを採用したことで、より品のあるシルエットに仕上がっています。しかし、ハイドはそれでいてジャックやほかのシャツと同じ着心地の良さを持っています。ドレスアップが必要なシーンでも、いつもと同じリラックスした気持ちになれるのは、普通のドレスシャツでは得られない魅力です。
オフィスでも使えるワークシャツ
ちょっとした力仕事に使えるワークシャツは、男のマストアイテムです。しかし、オフィスワークでも着まわせるワークシャツはなかなかありません。メカニックは、耐久性のあるサンデッドキャンバス地を使ったワークシャツでありながら、身幅をシェイプしたシルエットで、よりスタイリッシュに着こなせます。本気で作業する時も、街に出かける時も、そのシャープなシルエットがどんな時にもフィットします。
TAYLOR STITCH 2018 Outer/Boots
新作展示会 いよいよ10/14(日)マデ
秋冬新作展示会も、いよいよ期間終了間近。TAYLOR STITCHのこの冬販売予定の新作アイテムに、お見逃しはありませんか?
気になる商品をウェイティングリストに登録しておくと、入荷のお知らせメールをいち早くお届けいたします。
先行公開アイテムをチェック
チャットサポートセンター
どんなことでもお気軽にご質問ください。スタイリングのご相談も承ります!
サイトの画面右下より、お待ちしております。
受付時間12:00~21:00 月火はおやすみです。
詳しくはコチラから
Facebook
Instagram
© 2008-2018 Taylor Stitch Japan,All rights reserved. 
神奈川県鎌倉市七里ガ浜1-1-1

配信停止する
一覧に戻る

カート (0)