僕に合うサイズのシャツがないんだ

Taylor Stitchの創業は2008年。Mike ArmentaとMichael MaherがSFのヴァレンシアストリートで始めた。
そんな二人が育ったのは、実は、アメリカ最北東部のメイン州。隣はもうカナダだ。
マイクが言うには「マイキーはずっと素晴らしいサーファーだったし、僕はいつもフライフィッシングの釣竿をもって冷たい川の中の魚を追ってたんだよ」
「僕たちはアウトドアという遊び場と、その時に必要な機能性が高く、タフで耐久性の高いウエアを見分ける力を身につけていったんだ」
成長し隣の州にある名門ボストンカレッジに進学した二人ですが、そこである出会いがありました。マイクの言葉で紹介しましょう。

「Taylor Stitchの原点は、体に合うシャツが見つからなかったところからはじまりました。マイキーのお父さんがよく香港からカスタムシャツを買って帰ってきていて、僕らは自分の体に合うようにシャツをカスタムで作れるということに惚れ込みました。マイキーは彼のお父さんのシャツをよく勝手に大学に着てきたんですが、やがてお父さんが、“いい加減にしてくれ、お前の分も作ってやる”と折れて、その時にいかに簡単にカスタムシャツが作れるかが分かりました。その後、僕たちはカスタムシャツメーカーとしてのビジネスを始め、そこからready-to-wearシャツ、そしてライフスタイル事業へと展開していきました」

アウトドアで遊んでいるときに求めたウエアの機能性。学校に通う時でも自分の体に合ったウエアでないとその機能は発揮されない、ということに気づいたそうです。
Taylor Stitchが作り出す製品はオンオフをシームレスにつなぐウエア。
早朝ビーチに出てサーフィンをしたら、そこから自転車で出勤し、そのままのウエアで仕事ができる服。
仕事が終わって自宅に帰ったら、夕食前に愛車のレストアをガレージでこなせる服。
パソコンの前にいても、バイクに乗っていても、体の動きを妨げない服。
ウイークデイもウイークエンドも愛犬のように共に暮らせる服。
そんな服。そんなブランドだと考えてください。

紹介したいウエアがたくさんあって困ってしまうのだけれども、一番先にお見せしたいのは、これ。
JACKと名付けられたシャツ。人名をつけるなんて、やっぱりどこか変わってる。
なんで?って聞いたら「アメリカ人男性で一番多い名前がJACK。誰にでも似合うってことさ」と答えが返ってきた。
素材や縫製にはこだわりが満載。ぜひ、こちらで感心しちゃってください。

Jack
Jackを着る二人
Jackバックショット
Jackを愛用

それからね。絶妙なサイズ感についてもお話しておきたい。
アメリカンブランドだと、日本人にとっては大きめというイメージがあるかもしれない。
それについてマイクはこう語っている。

「僕たちのシャツは、仕事の時でもそうじゃない時でも着てもらいたい。だからシャツの裾をタックインしても、パンツの外に出しても、どちらでも良いようなサイジングにしている。」

これが、日本人にとってもグッドな仕上がりになっている!日本のもっとも代表的なブランドのシャツと比べてみようか。ほら、JACKのほうが着丈が短い。だから融通の利く着こなしができるんだ。
覚えておいてほしいポイントだね。

着丈の比較
七里ガ浜、いいね

あらためて言うのもおかしいけれど、デジタルも必要だけれど、アナログも大事だとTaylor Stitchは考えています。さっきのマイクの言葉の中に、「今はライフスタイル事業を展開している」とありました。服って何かの目的を達成するための手段ですよね。アウトドアなら体を保護してくれるとか、街中での動きをサポートしてくれるとか。

例えば、ほら、こんな膝の部分を補強したダブル・ニー・パンツ

ダブル・ニー・パンツ
ダブル・ニー・パンツ着用

パウダーコーティングされたアルミボタンのメカニックシャツなんかも。

メカニック・シャツ
アルミボタン

目的は、そうですね、人それぞれなのかな。
だからこそ、その、それぞれの目的を聞きながら丁寧にアドバイスすることも大事。
そのためにはやっぱり、お店があったほうが良いとも思っています。
でも、お店のロケーションはTaylor Stitchらしくないと意味ないよなぁ、と探しに探して、ようやく「これだ!」となったのが日本の、鎌倉の、七里ガ浜でした!
サーフィンもフィッシングもできるから、マイクとマイキーが「いいね」となりました。

Taylor Stitch店内
Taylor Stitch店内

買い物に行くというよりも、スタッフとしゃべりに行くくらいのつもりで来てください。
時間があれば試着だけしてみて、買うのは家に帰ってからでかまいません。
オンラインストア
そのほうが荷物が増えなくていいでしょ?ネット販売のいいところですよね。

鎌倉七里ガ浜店
鎌倉七里ガ浜店 店内
鎌倉七里ガ浜店

さて、次回はデザインについて、お話しさせてください。

上へ戻る