pickup

vol.20

FUKASHI

勝ち負けよりも、人の感情を動かしたい

テイラー スティッチのスピリットは、どこまでも“本物”を追求すること。そのために“こだわり”と“情熱”はいとわない。
さまざまなフィールドには、同じ志を持って活躍する男達がいる。彼らを突き動かす原動力は? そして、何を求めているのか?
ここでは気になる一人をピックアップして、その思いを2回に分けて語ってもらう。きっと、そこにはテイラー スティッチとつながる何かがあるはず。
今回登場するのは、 K-1ファイターとして活躍する不可思さんだ。

練習から自分に打ち勝たないと、人の気持ちは動かせない

不可思さんの武器は、高校時代にタイで身につけたムエタイベースのキックだ

——今まで格闘技をしていて、一番うれしかったことは?

格闘技をやっている子供達が、僕のことを「憧れです」とか、自分から「力を貰って何かをがんばれている」とか、そういうメッセージを貰えた時は、自分の勝ち負けよりもうれしいですね。もっとがんばろうと思える。

 

——不可思さんのお話を聞いていると、自分よりも他人のためにという思いを強く感じます。

自分が勝ってうれしい、負けて悔しい…だけで自己満足していたら、自己完結で終わってしまいます。自分が勝っても見ている人が何とも思わなかったら、プロとして価値はないと思います。極端な言い方ですけど、負けても見ている人の感情が動いて、「次また絶対に観に行こう」とか思ってもらえたら、そっちの方が価値があると思います。なので、リングの上で戦うのは対戦相手ではなくて、お客さんが相手と思っていますね。

——なるほど、反対に、一番くやしかったことは?

ちょっとでも強くなろうと思って毎日努力しています。大変なトレーニングばかりで、プロの選手が集まって練習する時は特にハード。みんなが吐いてしまうほどキツイ。その成果が試合で全然出なかった時はやっぱりくやしいですね。もうめちゃくちゃキツいトレーニングをしているので、辞めたくなるぐらいくやしい気持ちになります。ですが、そういうキツいことをやって、普段の練習から自分に打ち勝つことをしていかないと、試合で見ている人の気持ちを動かすことはできないと思っています。日ごろからの自分との戦いですね。

日々、厳しいトレーニングを積む不可思さん。オフタイムができたら、映画鑑賞で気分転換。お気に入りの作品は、クリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』

——格闘技はメンタルも大切だと思いますが、心がけていることは?

「他人と比べない」ということですかね。比べるのは前の自分とだけ。「前の自分よりよくなっていて、成長できていればよい」という考え方でやっていますね。他の選手と比べても、あまり意味はないと思っています。座右の銘は「何とかなる」です。常にポジティブに物事を見るようにしています。もちろん、恐怖心もあります。ただ怖いのは負けることぐらいですかね。でも、実際に起こるかどうかもわからないことを不安に考えても意味がないので考えないようにしています。

トレーニングに欠かせないストレッチ。トレーニングメニューはトレーナーと相談して決めている

——読者の方へ、メッセージをいただけますか。

今の目標はK-1のベルトを獲ることです。12月28日に名古屋で試合があるのですが、それに勝てば来年のどこかでタイトルに絡めると思うので、本当に大事な一戦です。格闘技に興味がない人でも、一度会場に来て僕の試合を見てもらえれば、必ず熱くなって格闘技を好きになってもらえると思うので、ぜひ観戦してもらいたいです。

 

次戦のK-1 WORLD GPのポスターをバックに。地元の名古屋で開催ということもあり、試合にかける思いはひとしおだ

——最後にティラー スティッチについてお聞かせいただけますか。

僕は、基本的にシンプルなスタイルが好きなんです。気分によってはめちゃくちゃ派手な服を着たい時もありますが。ですから、ティラー スティッチはシンプルで格好いいと思いますね。シンプルな服は、素材や作りがよくないと格好よくならない。そういう素材のよさをめちゃくちゃ感じますね。着れば着るほど体に馴染み、長く着られる服だなと。僕は好きになった服はそればかり着るんですが、テイラー スティッチのTシャツとかはヘタらない。ずっといい感じで着られます。

両手の拳タコが日々のトレーニングの厳しさを物語る

——お気に入りのアイテムは?

黒のTシャツですね。Tシャツ一枚だけでも格好がつくし、ジャケットの中に着てもいい感じになる。素材も薄すぎず厚すぎずでほどよく、体にフィットする。あの感じがいいですね。とても万能なアイテムだと思います。

——テイラー スティッチに望むことは?

トレーニングで着れる服があったらいいなと思いますね。テイラー スティッチのシンプルな雰囲気が好きなので、それを着て練習できたらうれしいです。

他人と自分を比べることは意味がないと語る不可思さん。自分に打ち勝つことで成長できると信じる

不可思選手のトレーニング体験イベントキャンペーン

テイラー スティッチに、名古屋でK-1の試合を控える不可思選手より特別なオファーが届いた。それは、不可思選手のトレーニングの見学とパーソナルトレーニングのレッスンへのご招待。メルマガ登録orSNSいいね&フォローで、この貴重なチャンスを掴み取ってほしい。

開催日:2020年1月末日~2月末日実施予定 当選後別途調整

開催時間: 1.5時間程度

当選人数: ペアで2組(4名) お一人での参加も可

場所:吉祥寺クロスポイント(徒歩7分)( アクセス ※外部リンク)

応募条件:テイラー スティッチ新規メールマガジン登録、もしくは テイラー スティッチ公式SNSをいいね&フォローされた方(Facebook・Instagram・Twitterのどちらからでも可)の中から抽選

応募期間:12/9(月)13:00 ~ 12/31(火)23:59

※トレーニングレッスンが中心となる予定です。

※体験費用は無料となりますが、会場までの交通費は応募者様のご負担となります。予めご了承くださいませ。

※当選は、2020年1月中旬ころに当選者さまへご連絡差し上げます。

※当選のご連絡後、一定期間をすぎてもご返答頂けない場合は、当選取り消しとさせていただきます。

※当選の結果についてのお問い合わせは、お受けできませんこと、ご了承ください。

 

▼TAYLOR STITCH メールマガジン▼

▼TAYLOR STITCH 公式SNS▼

Instagram
Facebook
Twitter

PROFILE

FUKASHI

不可思
K-1ファイター

1991年生まれ。福岡出身、名古屋育ち。2008年のプロデビュー以来、団体・ルールを問わず様々なリングで活躍。KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王者、WPMF日本スーパーライト級王者、RISEライト級王者、初代Bigbangライト級王者、元REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者と、五つのタイトルを手中におさめた。2019年6月に念願のK-1に電撃参戦。12月28日に地元名古屋で開催されるK-1 WORLD GPに狙いを定める

不可思さん所属
≫クロスポイント吉祥寺≪

着用アイテム
Archives | アーカイブ