99-organic-cotton

“オーガニック”― ―この言葉は最近どこでも耳にするようになった。オーガニックの農産物は、もはや週末のファーマーズマーケットだけのものではない。レストランでは、当店の一番人気の料理にはオーガニック食材を使用しています、と誇らしげにうたっている。雑貨店では、さまざまなオーガニック製品、掃除用品や化粧品などが棚に並んでいる。きっと、あなたは悩むはずだ。通常の商品よりも値段が高いオーガニック製品を買うべきかどうか。まあ、誤解しないで聞いてほしい。オーガニックが珍しくなくなってきたこの状況は、とてもいいことだ。だが、同時にオーガニックとは何か、そして、それが重要である理由を見失いやすくもしてしまっている。

数年前、テイラー スティッチがより責任あるモノづくりのために、オーガニックコットンにフォーカスすると決めた時、最初に学んだこと。それは、ほとんどの衣類の原材料であるコットンは、恐ろしいほど環境に対して厄介なものだという事実だ。従来の栽培方法で育てられるコットンは、簡単かつ低コストなために広く普及してきた。短期的に見ればいいようだが、長期的に見るととんでもない問題になる。従来のコットンは、ばかげた量の水を必要とする。さらに有毒な化学薬品と農薬に依存して、土と空気と水を汚染する。そして、驚くような量の温室効果ガスを大気に放出するのだ。

99%オーガニックへの軌跡

2017
<10%
2018
60%+
2019
90%+
2020
99%+

かつて、パタゴニアは、使用するコットンをすべてオーガニックにするというコミットメントを打ち立てた。彼らはそれを短期間で実現した。我々はそれを目の当たりにして、テイラー スティッチも可能だと考えた。そして、目的に向かって全力で取り組み、2年半で達成した。これが責任あるモノづくりへの徹底的な追求でなければ、何がそうなのだろう。

我々が設定した最初のゴールの一つが、ヘビーバッグ・シリーズ用のアップサイクルとリサイクルの繊維の開発と使用を除いて、 従来のコットンからオーガニックコットンへの完全な移行だった。簡単な道のりだったと言うつもりはないが、今振り返ってみればかなりのスピード感で達成したことを誇りに思う。取り組みを始めて1年後の2018年の終わりまでに、使用するコットンの半分以上がオーガニックとなった。昨年、2019年末までに90%。そして、2020年現在、99%にまで至った。そこまで実現したなら、なぜ残りの1%を達成しないのか、と疑問に思うかもしれない。だが、ご心配なく。少量ながら従来のコットンをリサイクルしたデッドストックから作られた製品があるからだ。

しかし、まだ疑念を持つ方もいるだろう。オーガニックコットンは、従来のコットンに比べてそんなに優れているのだろうか。答えは、圧倒的にイエス! オーガニックコットン製品は、快適で通気性もいいし、メインテナンスも簡単。そして、劇的に環境への負荷を減らす。こんな恩恵のある繊維は他にあるだろうか。

ほとんどのオーガニックコットン農場は、人工的で無駄の多い灌漑設備の水ではなく雨水を使う。これによって、想像を絶する量の水を節約することができる。つまり、オーガニックコットンは、従来のコットンに比べて圧倒的に少ない量の水で育てることができるのだ。これが我々が熱烈にオーガニックコットンを追求する理由のひとつ。

オーガニックコットンは有毒な化学薬品や農薬を使わずに育てられる。重要なのは、これらの化学薬品は土、空気、水を汚染するだけでなく、動物、植物、人間に対しても非常に有害で致命的でさえあることだ。有毒な農業排水は、海洋汚染の原因のひとつとも考えられている。オーガニック製品を購入することは、このような化学薬品の向こう見ずな使用を阻むことにひと役買うのだ。

オーガニックコットンは、従来に比べて排出するCO2量が著しく少ない。そして、栽培に必要な電力も大幅に省エネできる。

オーガニック認定の製品は、その労働環境についても高い基準をクリアしている。つまり、オーガニック製品を使うことは、今注目のエシカルな消費にもつながるのだ。

今年、我々はオーガニックコットン製品にスポットライトを当てている。それはテイラー スティッチの理念を、みなさんに知ってほしいからだ。今、アパレル産業に期待されている変化を自ら示すことは、我々にとって大切なことなのだ。そして、みなさんがオーガニックコットン製品を選ぶことで、地球環境を守ることに寄与していることも。今度、テイラー スティッチのオーガニックコットン製品を着るとき、Jack Everyday Oxfordシリーズ、チノパン、Organic ’68 Selvage Jeansシリーズ、何でもいいが、ぜひ誇りに感じていただきたい。この大きな問題の解決に力を貸しているのだから。では、また次のゴールでお会いしましょう。

Certified by the Global Organic Textile Standard

カート (0)