Men's Footwear

    例えば、チャッカブーツは1足あたり20の異なるパーツから構成。独自の重要な寸法体系に則って作られた各パーツに100以上のステッチを施し、精密に一足のブーツに仕上げている。そんな手間のかかる地道な工程こそ、修理をしながら長く愛用できるシューズを作る、たった一つの方法。

    ソールを貼り替えられる、伝統的なグッドイヤーウェルト製法を採用し、アッパーはどんなに履き込んでも美しい風合いをキープ。柔らかい裏地と気泡入りのインソールが、箱から出した瞬間から味わえる。ほかにはない、エアマックスのような快適な履き心地を実現したのが、テイラー スティッチのブーツである。。

    【靴底貼り替え可能】

    TAYLOR STITCHのブーツはグッドイヤーストームウェルト構造で、靴底の貼り替えが可能。時期が来たら修理店へ持ち込もう。


    『ここ6カ月以上ずっと、このチャッカブーツを愛用しているんだ。箱から出した瞬間から、履き心地が抜群なのには驚いたよ。
    おまけに、履くほどに見た目もいい味が出て、どんどん良くなっている。

    一番気に入っているところ?
    1、2年したらソールを張り替えるだけで、またこいつらと一緒に毎日いられることかな。』

    ――マイク・マハー テイラースティッチ CEO兼共同創業者――

    メキシコ・レオンで生産

    度々「世界の靴づくりの中心」と形容されるメキシコ・レオンの靴産業の歴史は、1645年までさかのぼる。

    レオンにとっての靴は、デトロイトにとってのモーターと同じくらい重要なのだ。
    その中でテイラー スティッチは最古のパートナーを見つけることができた。彼らは1990年ファミリービジネスとして最高の靴を作ることをビジョンにかかげた兄弟によって設立された。
    この企業は「品質」に対し、完全にコミットしている。それは、彼らの従業員の人生の質と、彼らの製品の質の両方に。

    GOLD RATED

    私たちがレザーアイテムを作る時、材料そのものだけでなく、生産環境にも配慮したパートナーを探し求めている。

    例えばブーツを生産する際に起用した革のなめし工場は、安全な労働環境、水使用量の削減、作業工程全体を通しての電力使用量削減などの実践において、レザー業界団体からゴールデンクラスの評価を受けている。

      カート (0)