トラベルコーデ-2019秋

旅行に行くときの服装は?

長い距離を移動して、普段の生活とは離れた土地へ。そんな時、自分が思っている以上に体や心にストレスを感じることもある。だから旅行に出かけるときはなるべく、普段の装いと近しく、着まわしやすく、しわになりにくく、かさばらず、動きやすい。そんなアイテムが、自分をリラックスさせて、旅を十二分に楽しむことができる。

ここでは、そんな要望に応えるテイラースティッチおすすめのコーディネートをご紹介。

動きやすくちゃんとして見える。王道コーデ

シルエットの良さだけでなく、他にない生地感とやわらかさに定評のあるThe Long Haul Jacket in Wool Beach Clothなら、どんな旅でもバッチリ。例えば国外旅行へ行くときも、このクラシックでハイスタンダードなコーディネートにすれば浮くこともなく、むしろ褒められることだろう。
トップスは丈夫なThe Jackで決まり。動きやすくしっかりとして見える王道コーディネートだ。

様々な表情を見せる万能ジャケット

このThe Gibson Jacketが優秀なのは、襟を立ててスロートラッチを閉めれば、テーラーカラーからスタンドカラーに変身すること。畳んでも型崩れしにくい生地を使っているので、荷物を増やしたくない旅行にはまさにうってつけなのだ。
トップスとパンツにカジュアルで男らしいアイテムを選んでも、このジャケットが程よく引き締めてくれる。ヘンリーネックを始めて着こなす方は、ぜひこのジャケットと組み合わせがおすすめだ。邪魔にならないワッフルパンツも持っていけば、屋内も屋外もリラックスして過ごせるはず。

追求された機能美

テイラー スティッチは度々、海の上で働く男たちのウェアに着想を得ている。それは海の過酷な環境の中で受け継がれてきた伝統的な機能美がそこにあるから。The Maritime Shirt Jacketも、船乗りから着想を得たアイテムのひとつ。しっかりとしたウール混の生地は丈夫で温かい。ライトアウターとしても、コートを上に羽織ってもいいシャツジャケットとして活躍する。
肉厚のロングスリーブTとストレッチの効くチノをそろえれば、どこへ出かける準備も万端だ。

荷物は軽くコンパクトに

中綿入りのジャケットは、見た目からは想像できないほど軽くて丈夫。耐水性・耐風性に優れ、引き先に強い生地で、小さく折りたたんでもOK! 荷物になりやすい上着も、このジャケットを選べば省スペースでしまっておける。
The Triblend Teeも軽量でおススメ。着心地もよく、何枚か旅行に持っていくとしたらこのTシャツ以外にはありえない。旅行の帰りにお土産などで荷物が増えてしまう、なんて時にも、予めコンパクトなアイテムでそろえておけば解決。

しわになりにくいといえばこのシャツ

US本国でも大人気で定番モデルとして仲間入りしたThe Jack in Waffle。実は、やわらかいワッフル生地がしわになりにくく、カバンの中にポンと放り込んでおける優秀なアイテムとしても注目されている。旅先でいつでもアイロンをかけれるとは限らない。1枚持っていくと頼りになるシャツだ。
もし屋外でのアクティビティが多いなら、The Big Sur Hoodieがおすすめ。他のパーカーとは一線を画すディティールに仕上がっているので、旅先での急な温度変化にもしっかりと答えてくれるだろう。

カート (0)